創業50年 北海道登別から麺革命!北海道産小麦、北海道産そば粉にこだわった麺をご提案致します!

極細ざるらーめん

登別閻魔らーめん

特製辛味噌坦々スープは進化しつづける。

トップページ
製品案内
会社案内
お店紹介
プレス情報
リンク
サイトマップ お問い合わせ
トップページ > 会社案内

北海道産小麦を使うようになって十数年。
こんな味のある小麦は他にはありません。

昔、東京に行った時にスーパーや量販店を見に行きました。
そのとき特に「うどん」ですが「北海道小麦100パーセント」と小さな製麺所が大手製麺所の外国産小麦を使ったうどんの中で差別化して並んでいました。
なぜ北海道では北海道産小麦を使った「うどん」が無いのだろうと疑問が浮かび、それからいろいろな事を学びました。

日本で一年間に消費される小麦の量は、約598万トン。世界でも有数の消費国です。

わが国の小麦消費量のうち国内産小麦は約8% 、残りは輸入小麦で賄われています。
そして、 北海道の小麦の生産量は約40万トンで、国内生産量の約70パーセントを占めています。
さらに日本の食品のカロリーベースでの自供率は38パーセント。

それからです。 北海道に住んでいる私たちが北海道産小麦を消費しないでだれが消費するのでしょう。

海外で生産された物をわざわざ日本に持ってきて北海道で生産し消費する必要があるのでしょうか?
農家も作っても売れなければ生産しなくなります。そうなると自給率は更に下がります。

小麦粉の特性として「北海道産小麦」は「うどん」にはなんとか使えるが「ラーメン」には向かない、そして「パン」にも向かないと言われておりましたが、実際その頃はそうでした。

しかし製造技術の工夫でなんとか「ラーメン」もできるようになり、 本来の麦の味がして弾力があり、もちっとした食感の麺ができるようになりました。
ただ私たちは長い間外国産小麦に食感食味が慣らされてきておりましたので、なかなか良さが伝わらず、今でも苦労しておりますがもっと北海道産小麦の良さを広げたいと思いますし、自給率を上げるため、農家のために少しでも役に立てればと思っております。

代表取締役 泉田 覚

 

会社名 株式会社望月製麺所
本社所在地 北海道登別市新栄町1番地14
代表番号 0143-85-2236
創業 昭和33年4月1日
設立 昭和45年3月5日
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役社長 泉田 覚
従業員数 社員 13名 パート・アルバイト 20名
事業内容 ラーメン・うどん・そば、皮類の製造販売
外食(ラーメン店等)の営業と指導
取引銀行 北海道銀行
北洋銀行
室蘭商工信用組合
室蘭信用金庫
許可業種 食品衛生法(めん)第1号
各種資格 食品衛生管理責任者  3名
2級ボイラー 1名
調理師 1名
製麺技能士 1名
設備 トム真空ミキサー、トム延打ち製法麺機、トム熟成庫、自動茹釜機、茹自動計量機、自動むし麺ライン、金属探知機2台
こだわり・
モットー
もっちゃんの麺でイキイキ健康生活!
外食部門
直営店
ぱぴあ  登別アーニス2F
鉄平    輪西SC「ぷらっと・てついち」

 

昭和 33年 登別市中央町6丁目にて創業
昭和 45年 創業者 望月啓介 が資本金100万円にて株式会社望月製麺所を設立
昭和 46年 登別市中央町1丁目に工場新築移転
昭和 51年 資本金300万円に増資、工場増築
昭和 56年 登別市新栄町1番地14に工場新築移転
昭和 62年 資本金1、000万円に増資
平成 04年 登別市若草町パチンコ王様内に食堂「麺恋処」出店
平成 06年 泉田覚 代表取締役に就任
登別SC「アーニス」にフードコート「ぱぴあ」出店
平成 09年 品質と衛生管理向上の為最新鋭の生産ライン導入と工場のリニューアル
平成 10年 室蘭白鳥台SC「ハック」にラーメン専門店 「桜蘭」出店
平成 11年 自動蒸麺ライン導入
平成 12年 ホームページ開設
トヨタ生協 「蘭月」三好店・若園店オープン(技術指導協力店)
平成 13年 輪西SC「ぷらっと・てついち」内に無化調ラーメンの店「鉄平」オープン
トヨタ生協 「蘭月」本店オープン(技術指導協力店)
平成 14年 登別パークホテル内にめん処「満月」オープン
トヨタ生協 「蘭月」志賀店オープン(技術指導協力店)
洞爺湖万世閣内にめん処「馬鈴薯」オープン
中国昆山市に「ラーメンレストラン北海道」オープン(技術指導協力店)
平成 15年 SCイーストショップ内に新業態 うどん、そばと丼の店「美園一番食堂」オープン
登別ホテルまほろば内にめん処「はまじ」オープン
「麺恋所」退店
平成 16年 「はまじ」、「満月」退店
平成 17年 美園一番食堂をラーメン専門店「美園一番ラーメン」にリニューアル
平成 18年 深浅(中国)にフランチャイズ「望月北の味」オープン
平成 19年 ハック「桜蘭」、めん処「馬鈴薯」、「美園一番ラーメン」退店
フランチャイズ「鉄平Jr.まさや」(愛知県岡崎市)にオープン

 

プロフィール


子供の頃から麺類が大好物!

今でも一日に1〜2回は麺を食べている自称「麺アナリスト」の望月一延です。

入社以来二十数年が立ち、そのうち15年間は製造部門で修行を積んで参りました。時代の流れとともに麺の質も変わり現在では歯ごたえ重視の硬い麺が主流となりつつあります。

しかし私の思う美味しい麺とはコシがありながらもソフトな食感があり、小麦のまろやかな味がしっかりと伝わり、一口食べると無意識のうちに「美味しい〜」と言葉が出てしまう麺が美味しい麺だと感じております。

今、私のイチオシはやはり北海道産小麦100%の麺!!

当社で10年ほど前より北海道産小麦100%の麺にこだわり試行錯誤しながら作り上げてきた自信作!!
現在では10種類の北海道産小麦粉を使い分けラーメン・うどん・そば・生パスタ・・・などの製品を作っております。

どの製品も真心込めた優しい麺に仕上げており、営業担当の望月が自信を持ってお勧め出来る製品を皆様にご提案していきますので、今後とも宜しくお願い致します。

取締役専務 望月 一延


昨年から、毎日のように報道されている食品偽装問題は利益追従。

その付けがまわっているわけで・・・。

まっとうな商売をしようと考えればこんな状況にはなりえないこと でしょう。それでもなくならないのはなぜ?って考えてしまいます。 当たり前になっていることをとても悲しく思います。 前置きはこれくらいで、

小麦粉をはじめとする原料( 特に北海道産小麦は生産量も少なく手に入りずらく値段も高い)・ 重油の高騰と大変厳しい状況の中ですが、 製品に対する「こだわり」は他社に負けない自信があります。

安心して皆さんに食していただくために、 「食は命の元」と思いながら造っているみんなの気持ちも一緒に味わっていただければと思います。

三台目の最新型真空ミキサーも増え、 さらにより良いものを生み出すことができるようになりました。

衛生面ではHACCPの取組みにも力を入れており、「5S活動」(整理・整頓・清掃・清潔・習慣づけ) を徹底しております。

 (・・・ひとり言)
 シーズニング工場(冷暖房完備で一年中同じ温度)なんて、 贅沢は言ってられないので、暑さ・寒さに耐えてがんばります。

いろいろ書きましたが、 自分たちが誇りを持ってつくる愛のある麺を一人でも多くの方に食してもらうことをモットーに髪がなくなるまでつくり続けようと思 います。

・・・ ここ数年で、髪の量がめっきり少なくなった工場長より

工場長 小野 信也



主要取引先

主要仕入先

サイトご利用について

 

ページ上部へ